works02 雲の流れが360度見えるハイサイドライトがある家

この住宅は三鷹市井の頭の閑静な住宅街にあります。建主は、イタリアンレストランを営むご夫婦と娘さんの3人家族です。建主からの要望は、家族3人各人の部屋と、将来、自宅で客人に手料理を喜んで食べていただけるような場が欲しいとのことでした。1階は各人の部屋とクローゼットを天井までの引戸で仕切ってます。これは、引戸を取り外したり開閉することで部屋の用途や大きさを将来の生活スタイルに合わせ、住み手の手で変えていくことができるようにするためです。(イメージ図参照)


2階は天井と壁の間に360度展開するハイサイドライトのあるパブリックな部屋と部屋の延長のデッキスペースで構成しています。このハイサイドライトは外部の視線からプライベートな住空間を守り、平面的に広がりのある空間を創り出しています。

デッキバルコニーと一体のLDKです。天井と壁の間にスリット状の窓が360度展開しています。この窓はハイサイドライトと呼ばれている窓で、外部の視線からプライベートな住空間を守りながら、光や風を室内に導いてくれます。

流れる雲がハイサイドライトから見え、くつろぎのひと時を演出してくれます。

夕景(軒下にある窓が360度展開するハイサイドライトです)

部屋の延長となるデッキバルコニーです。手すり壁を高くして周囲の視線を遮り、空を独り占めです。天気の良い日は空の下で外ごはんを楽しみます。
都市型住宅でもこんな自然の楽しみ方があり、自宅に居ながらちょっと贅沢な気分になります。これが大切!

Other